FC2ブログ

ソーサリアン~ブラディー・リバー

ルシフェルの水門~ブラディー・リバー (作曲:竹林令子)
 Sorcerian (作詞:フィリップ・H・ローズ)

『盗賊たちの塔~封印』と『ブラディー・リバー』は曲調がそっくりなことが一部で話題となりました。作曲者が同一ですから、おそらく意図的なのでしょうが、当時は不思議な感じがしました。
『封印』は森口博子さん歌唱で英語詞の『Sorcerian』として初期にCD化されています。
だったら『ブラディー・リバー』はその日本語訳で歌にしてみよう!と思い立ったものの、歌詞を翻訳してくれたサイトは見つからず、Google翻訳で意味不明な日本語相手に悪戦苦闘。かなりの意訳と補詩を行い、よりドラマティックにまとめました!エッヘン!
原曲には『ソーサリアン・フォーエバーⅠ』収録のシンセサイザーヴァージョンを使いましたので、オリジナルサウンドトラックでも歌えるはずです。
気に入らない方は、出だしを「血の河を渡れば」とすればブラッディー・リバーっぽい歌詞が創れると思います。
それにしても「ブラディー」が「Brady」だと英語で人名、「Vlade」だとボスニア語で「政府」という意味でしか検索できません(泣)。
そもそも原点である『ルシフェルの水門』ではハッキリと『ブラッディー・リバー』と表記されているのに。
…どうしてこうなった!?


『ブラッディー・リバー』

旅の途中
あなたが聴いた私の唱える呪文
そう、私は魔女の娘

一つだけ
信じて私の目に映るあなたこそ
そう、それが私の全て

夜、魔法の箒に乗り空を翔ける
永遠(とわ)に続く時間
あなたがいる いつでもいる
気づいてない? 召喚して魅了したの

あなたが歩いてる
戦いの道の先
血の河を渡ったら
戻れない運命を
私は予見した
そして惑わせるの
私は魔女だから
あなたに恋をした…


なぜかしら?
あなたの瞳に宿ってた光が
今、水晶の中に消えた

そうなのね
炎へ向かい騎馬を駆っていたいのね
勝利と名誉求めて

夜、魔法の箒に乗り空を翔ける
限りある幸せ
あなたは去る いつかは去る
それが宿命 魔法なんて無力なのね

あなたは歩いてく
戦いの道の先
血の河を渡ったら
戻れない運命を
私は知っている
それでも止めれない
私は魔女なのに
あなたが好きだから…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

○○○/零王丸

Author:○○○/零王丸

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
QRコード
QR