FC2ブログ

密林の秘宝

死ぬまでにやっておきたいことってありますか?

僕、あります。

MSXの未発売ゲームを発売したい!!

誰得など関係ありません。
利益は度外視となるでしょう。
でも今際の際に後悔したくはありません。
誰かに殺された際に残すダイイングメッセージが【ブレイクショット】になる可能性だって有り得ます。
私と同じ気持ちのMSXユーザーが一人一本ずつ担当すれば、30本程度は解消されるのではないでしょうか?

…という思いを、先日MSX2で動く『ドラゴンスピリット』のプロトタイプを観ながら再確認しました。
確かV9990チップが必要ですが『魔界村』も海外同人サークルがテスト的に製作していたはずです。
まあ、しかし「ドラスピ」や「魔界村」はアーケードからの移植ですから、そこまで想いは強くありません。
おそらく『単騎狼ウルフAT』を超えるクソゲーであったであろうテクノポリスソフトの『東京ハルマゲドン』や、「ファリア」か?「ファリア」だろ?「ファリア」に決まっている!ゲームアーツの『あさりよしとおさんのRPG』、発売しててもしてなくても気づかれていなかったザインソフトの『チャムクリスマス』、絶対買おうと現金書留まで用意していたSPSの『ポーラスターⅡウィルビドゥ』、ファミコンの「ライジン」になっちゃったんだねマイクロキャビンの『亜空戦記グリフォン』などに、より強い未練を感じるのです!

そしてこれらのソフトは全てMSX2ですが、近年の海外でのMSX1ソフトの完成度の高さを見て、絶対に実現できそうなソフトが思い付きました!
まあ、ブログタイトルですからすでに御推察でしょうが…アイレムの『密林の秘宝』です!

当時は画面写真すら世に出ることなく、お蔵入りしたはずですが、そのおかげで『R-TYPE』が発売されました。
広告を載せるレベルまでは出来ていたのでしょうが、結局面白くなかったのか、バグが取れなかったのか?
まずはその広告を見てみましょう。

密林の秘宝

…見事に面白くなさそうですねぇ。
少なくとも当時の子供が欲するようなゲームとは思えません。
だいたい、ゲームの説明が狂ってます。

『博士号をもつ兄とスウーフィー教の回転踊りに夢中の弟との大冒険。口笛を吹いて注意散漫な兄を救う弟。落石、蛙、ミイラと次々に襲いかかる危険を逃れて兄弟が見たものは、はたして…』

…ネタですか?ネタですよね?ネタ以外有り得ない!
当時はこんなゲームを作れと企画書を渡されたら叩きつけるレベルでしょう。
ところが21世紀にはそんなバカげたゲームは多々誕生しています。
それらに倣って、真面目にゲームを構成してみましょう。

まず弟が口笛で兄を救う、というところで『レミングス』を連想します。
『マリオVSドンキーコング』のように自動で歩き回るミニマリオが兄。あらかじめギミックを設置するのではなく、元々設置されているギミックの前に兄が到達したら、口笛で合図を送る(Bボタン)、というシステムです。

次に回転踊りに夢中の弟。
弟も画面上に存在しなくてはなりませんので、兄の後方に距離を置いてついて行かせます。
そして敵キャラが来たら回転して避ける(Aボタン)というシステムです。
勿論、兄も口笛の合図で敵を避けさせなくてはいけません。
リアルタイムのタイミングでボタンを押す必要のある弟と、タイムラグを考慮し早めに合図を送る必要のある兄でアクションに必要なタイミングが異なりますので、単調なゲームにはならないはずです。

あとは敵キャラですが、落石(頭上)・蛙(跳ねる)・ミイラ(鈍足)、と動きにバラエティがあります。他にもイラストには吹き矢(真横)・蜂(往来)・コブラ(俊足)がいますので、ステージのギミックと組み合わせれば、充分ゲームとして成立するでしょう。

いかがですか!?
クラウドファンディングでもしてみようかなぁ(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

○○○/零王丸

Author:○○○/零王丸

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
QRコード
QR