FC2ブログ

2018年夏、MSXの夏。

最初に言っておく!
タイトルは誇大表現だ!!

…まあ、単にRepro Factoryから無事にゲームカセットが届いたのが嬉しかっただけですが(笑)。
これでオランダ・スペイン・フランスを制覇しました!(ウソTM)。
ブラジルもIcon Gamesからダウンロード購入できたので、もはや世界制覇と言っても過言ではないっ!!

…すみません、調子に乗りました<(_ _)>
でも世界一周も実際は地球一周なわけで、全ての国を制覇するわけではないですから、あながち嘘とは言い切れません。
そんな訳で、世界のMSXを旅した結論がこちら。

MSXの全てを知ることは世界の真理を知るのに等しいほど困難である!

調べれば調べるほど泉のように情報が湧き出てくるのに、その目的地には辿り着けないというジレンマ。
確かに市販ソフトに限れば、すでに四半世紀前に終焉を迎えた機種ですので有限なのですが、MSXが面白いのはそこから先ですから。
今後もKai Magazineの新作『Life on Earth』(V9990専用)が発売されそうですし、MSX Dev'18も開催されています。
Oniric Factorも新作『Lost Wind』を販売していますし、前述の通りRepro Factoryも活動再開しました。
国内でも先日超人MSX様が新作を発表され、TPM.CO様も現役、コウサギ様も鋭意開発中のようですし、B-Cat様はX68用ソフト『CELIA』を移植予定と、おおっ!全世界的に見ればかーなり盛り上がっております!!

さらに今日気づいたのですが、以前『ザナドゥ』や『刑事大打撃』のサントラでお世話になったTinyBEEPにてMSX2ソフト『Inferno』を通販していたのですね!
海外から直接買うよりもお高くはありますが、国内パソコンショップで直接取り扱って下さっているのに感動です!
そして相変わらず、ROM版かディスク版かメディアの表記すらないTinyBeepが素敵です!
MSXが好きなのか、興味ないのか、良く判りませんな(笑)。

TinyBEEPといえば、韋駄天いかせ男のWindows復刻版も購入しましたが、イメージファイルではなくエミュレータ一体化タイプでした。USB版かCD-R版か選べますが、いずれもメディアにレーベル等の印刷はありません。

まあ、それよりなにより全国1億2700万人(2016年調べ)のMSXユーザーに知って頂きたいのは、TinyBEEPにて外付けフロッピードライブを扱い始めたことです!!
ブラジル製ですが、BEEPのロゴ入り!
是非次はV9990カートリッジやCD-ROMドライブを!
さらにそれらの対応ソフトの再販まで出来れば、国内MSX市場が再び活性化していく…はず。

(個人的にはサンライズのコンパクトフラッシュカートリッジが欲しいですけど。まあ国内に需要がないですよねぇ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

○○○/零王丸

Author:○○○/零王丸

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
QRコード
QR